Just Diary

Follow me

タグ:filesystem 一覧

Extension Watch Placed Image

新しくExtension開発しました。今回はIllustrator用です。Illustratorのドキュメントに配置された画像をNode.jsで監視して、更新されたら自動的にドキュメントを開いて保存するというものです。ポスターなんかで画像の色補正をしている時にテストプリントの度に補正->pdf保存->出力 補正->pdf保存->出力と繰り返すのが面倒だと思ってこの一連の作業を自動化するために開発しました。ここで紹介したものをExhangeで公開するために開発し直したものです。具体的には監視したい画像データと更新させたいドキュメントをパネル上で選択して、watchボタンを

Read more

cep.fs.showOpenDialogの使用変更?

こちらの記事で紹介した通りAdobe cepはファイルやフォルダーをダイアログで選択できるメソッドを持っている。それでここで紹介した通りにやればファイルパスが取得できるのだがCC2019とCC2020で使用が変わった? 取得したパスにいつの間にか頭にfile:///とスキームが付くように変わってるじゃないか。デバッグしててエラーが出てなんかおかしいと思った。ちなみにこのままだとpathだと認識されないのでNode.jsのfs.statSyncで読み込ませてもエラーを返します。なのでpathのstringとしてパースする必要があります。やり方は至極簡単。 ネイティブモジュールのurlからパースす

Read more

2020年9月版 Adobe CEPの開発環境

Adobe JSXと違ってCEP周りの環境は日々進化しています。既に3,4年前に比べて開発環境が大きく変わったのでここに私の開発環境を書いておきます。 テキストエディター 今から始めるならVSCode一択でしょうか。Extend script debuggerのプラグインでJSXのデバッグもできます。CC Extension BuilderでCEPの雛形も作ってくれます。Adobe bracketsは一時期人気がありましたが今はどうでしょうか?だんだん古い情報しか検索に引っかからないようになりました。 デバッグ 2020年上旬あたりに突然Google chromeでCEPでのデバッグが出来なく

Read more

Node jsで始めるfilesystem10 非同期ファイル操作

今回ファイル操作を非同期で行ってみます。 Node.jsでの非同期ファイル操作メソッドは同期ファイル操作のメソッドと違って結果をコールバックで受け取ります。それではフォルダーからファイル一覧を取得するfs.readdirメソッドの例から見てみます。 これは何回も見てきたように同期的にファイル一覧を取得するやり方です。これを非同期でやる場合は。 コールバックで結果を受け取ります。エラーが起きた場合はエラーもコールバックで受け取るのが通例です。これをPromiseで結果を受け取ってasync awaitを使えば見た目が同期処理のようなコードを書き込めます。 しかしreaddir他、mkdirやre

Read more

Node jsで始めるfilesystem9 async await配列処理

非同期処理も処理内容が増えるにつれてまとめて処理したくなるでしょう。同期処理でやっているようにforEachのように。 普通に上から下に書くだけだと冗長な処理になります。これが何十回と繰り返しになるとうんざりしますね。避けるべきでしょう。これを配列処理でまとめて処理します。 for文の中にawait構文を組み込むだけで配列の非同期処理が可能になります。但し実際実行するとわかるのですがfor文の場合逐次的に配列の中身を処理するので並列処理と比べて遅くなりがちです。(このコードの場合毎回timeOut関数が終わってから次のtimeOut関数に移るので2秒+2秒+2秒の処理時間になる)並列処理で処理

Read more

Node jsで始めるfilesystem8 async await error

async await の基本は非同期処理を同期処理のように書けるということでした。しかしエラー処理についてまで触れていません。promiseの場合メソッドチェーンにcatchをつなげてエラーをキャッチしていました。async,awaitのエラー処理はいくつかのやり方に別れます。おそらく最もわかりやすいのはtry catchで同期処理のようにキャッチする方法ではないしょうか。 いくつもの非同期処理関数を実行する場合もtry catchで括って一括で管理できます。Promiseがrejectを返した場合はそのままキャッチされるのでわかりやすい。勿論try内でエラーを普通にthrowした場合もキャ

Read more

Node jsで始めるfilesystem7 async await

promiseについて解説しましたがpromiseもthenによるメソッドチェーンを重ねる度に見通しが悪くなってきます。慣れてくるともっと見易くならないかと思うはずです。 メソッドチェーンを何重にも繋いで見づらくなってきました。これを同期処理っぽく書いてみます。 async await async 、await は非同期処理を同期処理のように書く糖衣構文である。同期処理と見た目を変えずに書けるためコードの見た目がすっきりします。ちなみに先ほどのコードをasync awaitで書き直すとこんな感じに。 メソッドチェーンが無くなってすっきりしました。async awaitは基本非同期処理を関数で囲

Read more

Node jsで始めるfilesystem6 非同期処理2

非同期処理のコードを見易くしてくれるpromiseは単体処理だけでなく配列処理をしてくれるpromise.allやpromise.race等があります。慣れないとややこしいですが特に非同期関数をまとめて処理できるallは便利なので使えるようにしたい所です。 Promise.all(promiseオブべジェクトの配列) promise allはpromiseオブジェクトを返す関数をarray形式で受け取り並列処理して結果をarray形式で返します。 見た目がすっきりするだけでなく並列処理で同時に処理を始めて全ての処理が終わってから結果を返します。なので普通にpromiseを続けて処理させるより早

Read more

Node jsで始めるfilesystem5 非同期処理

jsでぶつかる壁の一つ非同期処理。Adobe Extensionだと基本jsxとの通信くらいしか使用しないですがNode moduleを色々使用したり外部との通信をやったりしていくうちにExtension開発者も徐々にぶつかる壁です。同期処理は上から下にコードを書いていけば上から下に処理を実行しますが非同期処理は処理が実行されてから終了するまで他の処理と同期しないので上から下に順番に処理を実行してくれません。誰もが最初に驚く壁だと思います。そして面倒くさいと感じるでしょう。しかし今日この非同期処理はjsと切っても切れない関係になっていてwebsiteを作る時もクライアントサイドでもがんがん使わ

Read more

Node jsで始めるfilesystem4

よく使うファイル操作のメソッド一覧の続きです。 readdirSync(ファイルパス,オプション) フォルダー内のファイルを配列形式で取得します。ver10からオプションに{withFileTypes:true}を渡すとファイルの情報も取得できるようになりました。(Adobe cepはver8) 各ファイルはisDirectoryメソッドでフォルダーかどうかを簡単に識別できるので再帰的にフォルダーを遡る方法が簡単になりました。 ファイルを再起的に取得。 指定したパスからフォルダー名のみ取得。 readFileSync(ファイルパス、オプション) readFileSyncはファイルの中身を読み込

Read more

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close