Just Diary

Follow me

タグ:Extension 一覧

Illustrator Extension gradientBox

Illustrator用のExtension、gradientBoxを作りました。グラデーション内の色を一括で変更したり調整するためのExtensionです。例えばグラデーションの色全体の明るさを変えたい時にいちいち全てのグラデーション内の色を一つ一つ調整するのもかなりの手間です。このExtensionではこのような調整をボタン一発でできるようになります。 使い方 基本はグラデーションアイテムを選択してカラーを読み込みます。キーのいろか塗りの色か事前に選んでください。その後に読み込んだ特定のカラーを調整します。調整したいカラーにチェックを入れて調整する数値を左のフォームに入力。青いボタンを押し

Read more

ElectronとExtensionによるIllustrator用ドロップレット (mac,win向け)

Photoshopにあるドロップレット 、便利でよくよく使います。IllustratorなんかでもaiファイルをPDFに書き出す時なんか一括でやるためにあったら便利だと思ったのですが同じAdobe製品なのに何故かIllustratorには無かったりします。というわけで作ってみました。 ドロップレットのアイコンをElectronで再現 Javascriptでアプリが開発できるElectronでドロップするアイコンを作ります。過去の記事参照。Electronのアイコンにドロップされたファイルを受け取ってそれをIllustratorに送ってファイルを開く、アクションの実行を行います。ただしElect

Read more

loading画面を作成してボタン等の反応を一時的に止める Adobe Illustrator Extensionの開発 脱Hello Worldその14

最後になりました。今回おまけ的にloading画面を作ります。loadingの最中はあらゆる要素の反応を無効にしたいので全ての画面をload画面で覆います。これを図的に表すとこんな感じでしょうか。 立体的な要素の指定はz-indexを行います。詳しくはこちらも参照してください。 まずhtmlでload要素を配置します。 load要素はcontainerには必ず含めないでください。このload要素はcontainerと独立した要素なので。そして以下、css。 円がくるくる回転するcssです。ベースとなっているload要素にz-index:5と高めの要素を指定しています。 このload要素ですが普

Read more

Adobe Illustrator Extensionの開発 脱Hello Worldその13

前回に続きパネルのjsとjsxの通信についての記事です。 ヘッドの情報を書き込む機能から。ただこれは前回のガイドを引く機能のようにフォームの情報をjsxに渡して実行するだけなので前回とあまり変わりません。 html js データを書き込む情報を日付とパスアイテムの長さから選べますがどちらとも選択されていない場合は書き込む情報が無くなるのでアラートを出して処理を中止します。 ヘッド情報を書き込む関数です。hostscript.jsxに追加します。パネルの情報によって書き込む内容を変えます。(と言ってもチェックボックスのオン、オフ程度の事ですが)最後に関数分岐用のswitch構文でmakeHead

Read more

js->jsxの通信部分のデバッグ Adobe Illustrator Extensionの開発 脱Hello Worldその12

jsからjsxに通信する場合、jsx内でエラーが起きても具体的にどこで起きているのか分かりにくい、$.write関数(console.logのjsx版)が使えないなどかなり不便です。これをもう少しやりやすくします。とりあえずVSCodeでデバッグするためにExtendScript Debuggerを使用します。CEPの開発をしながらjsxのデバッグもしたいのでvscodeのlaunch.jsonをCEPフォルダーの直下に作ります。 launch.json CEPのフォルダーからjsx内のjsxのテストを実行できるように“program“を “${file}&

Read more

Adobe Illustrator Extensionの開発 脱Hello Worldその11

今回からjsxとパネルのjsで通信します。main.jsから通信する前に通信の対象となるjsxを作ります。最初はアクティブなアートボードに対してガイドを中央に引くjsxを動かすjsを書きます。singleProcessというフォルダにsetCenterGuide.jsxを作ってその中にガイドを引くコードを書きます。 今回の通信は特にフォームの数値を渡したりするわけではないので単純にガイドを引くだけのシンプルなjsxです。 setCenterボタンを押すとcenterGuide関数が実行されるようにイベントを登録。関数の引数にjsxのファイル名、singleProcessを渡します。事前に準備し

Read more

Adobe Illustrator Extensionの開発 脱Hello Worldその10

ついにmain.jsに触ります。完成形が以下 今回Node.jsのネイティブモジュールを使用するため冒頭でfsとpathをrequireしてます。更に各種htmlのidタグをdocument.getElementByIdで取得。extensionRoot変数はご存知の通りjsxフォルダーのパスです。 本格的に解説に入る前にnav.jsの関数を実行した時に書いたコードをもう一度確認します。 冒頭の変数を頭に入れつつまずウインドウが開いた時に実行する関数、initから解説します。 非同期処理が入るのでasync関数として定義しています。ここで行っているのは。 jsxの共通の関数等を外部ファイルとし

Read more

Adobe Illustrator Extensionの開発 脱Hello Worldその9

今回から本格的にjsを書きてゆきます。jsもいくつかのファイルに分けて読み込ませます。その前にいくつか事前準備が必要です。まずはmanifestの編集。 今回メインの処理にNode.jsを使用するためnodeの行を追加します。それに加えて–mixed-contextも加えてください。これがないとウインドウ、リロード時にバグが起きるためです。–mixed-contextを残したくない場合開発終了時に除くこともできます。 次にjson2の配置。jsxとパネルの通信に必要なのでパネル側で読み込ませる前に事前にjsxフォルダーに入れておきます。こちらから入手してくだい。 また詳

Read more

Adobe Illustrator Extensionの開発 脱Hello Worldその8

前回の時点でベースのcssは完成したので今回少しだけ見た目を整えて完成させたいと思います。まずフォームをパネルのような要素で括って立体感を出すためのcssを作成します。 変更前 変更後 backgroundで背景色を指定、box-shadowで影を落として立体感を出したborder-radiusで四隅を丸くしています。この辺は好みですこれ自体重要な要素ではないのでやらなくてもこの後の作業に支障はありません。themeManagerで環境設定のUIの色によって柔軟に対応させたい時はむしろそのままの方がいいでしょう。(パネルの青の色が固定になるため)あくまで何かの参考までに。 ヘッドのフォームも同

Read more

Illustrator用 Extension BatchExtendAI

Illustrator用Extension、BatchExtendAIを公開します。Photoshopのバッチ機能のようにIllustrator上で開いたファイルに対してアクション処理を使用します。Illustratorだとあらかじめ開いたファイルに対して使用する機能がなかったので作りました。アクションはあらかじめ作成したものを読み込んでくれます。セレクターからセットとアクション名を選んでください。ただしIllustratorが開かれた時にアクションを読み込むので新しいアクションを作成した直後は読み込みません。作成したアクションを新しく読み込み場合はアクション作成後Illustratorを再起

Read more

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close