Just Diary

Follow me

IllustratorのCEPでデバッグをやりやすくする。

Photoshopに比べて謎な使用の多いIllustratorのCEPですが一番不便なのがデフォルトだとデバッグ時にIllustraotr本体のソフトを一々落とさないとコードの変更が反映されないとこです。Photoshopでいうところの強制Persistentです。参考Photoshop Extensionの開発11 Persistence IllustratorだとデフォルトでこのPersistentがオンになっている故にパネルを一度閉じてもコードの修正が反映されないのです。だからと言ってコードを書き直す度にIllustrator本体を落としてデバッグするのはかなりめんどくさいです。というわ

Read more

CEP上で画面を切り替えるインタフェースを作る

CEPにいろんな機能を盛り込む時にモードや画面の切り替えを行いたい時があると思います。機能が増えて行くにつれて色々パーツを埋め込みたくなりつつもパネル自体の大きさはあまり大きくしたくない時などがあります。 今回はこんな感じの画面を切り替えるCSSを作りましょう。CEP上ではウェブサイトと違って基本的にhtmlはindex.htmlのみ使用して他のhtmlファイルにリンクで飛ぶようなやり方はしないので二つ分の画面を一つのhtmlにまとめます。それではまずは htmlから <div class=”mainForm box form“>と<div class

Read more

CEP Basic UI

ある程度Extensionの開発にも慣れてきていろんな機能やオプションを盛り込むと段々UI周りの整理をしたくなるでしょう。実際htmlは構造上、上から下に流れる構造になりやすいので何も考えずにひたすらボタンやチェックボックスを増やして行くと縦長いインターフェースになって使いずらくなる。というわけで今回簡単な基本のボックスレイアウトをcssで組んでみたいと思います。簡単なところからという事でヘッダーとオプションのチャックボックスを入れたサイドメニューとメインのエリアにボタンのあるよくありそうなインターフェースを作ります。以下が下書きになります。 適当ですがこんな感じで作ります。サイドバーにオプシ

Read more

Reactの環境構築をAdobeCEP上で行う

基本的に一枚のパネル上でインターフェイスを構築する必要があるExtensionでは多機能なパネルを開発しようと思うと表示の切り替え機能が必要になったりそれに伴いhtmlのコード量が莫大になったりします。結局ある程度の規模のパネルを開発する場合は何らかしらのフレームワークの導入も視野に入ってくる、という事で今回はReactの環境構築をAdobeCEP上で行う場合につまづいた点を載せたいと思います。まずは最低限必要なnpmパッケージから。 React、webpack、babelの一連のパッケージになります。 Node.jsのためにexternalsをインストール async,awaitを使用するた

Read more

html formにセットされた値を効率よく取得する。

前回からの続きですがAdobe CEPでUI上でパラメータの値をユーザー側で設定してjsx側に送る事は何度も何度も出てくると思います。昔はj-queryで取得したなんて事もやってましたが流石に取得するformの数が増えてゆくと地道に一つづつ取得するなんて事は非効率的だし苦痛です。さらにJSONでjsx側に送るため効率よくobjectにまとめなければなりません。arrayメソッドを中心に効率よく取得してみましょう。 topcoatのcssをベースにしたhtmlから取得してゆきます。最初はラジオボタンの簡単なhtmlです。チェックされたボタンの値を取得します。実はラジオボタンの値を取得するだけなら

Read more

top coatのcss上で動的にhtml formを追加する

Adobe extensionを開発しているとformを扱う事が多くなります。jsxから数値を取得して、それをパネル上で表示して、数値を入力またjsxにアクセスしたり。デフォルトのtopcoatのcssは基本の設定が揃っていて便利ですがhtml構造が少し難しくなりがち。 前回説明したようにcheckboxやradiobuttonはlabel要素の中にdivが混じっていたりと少し複雑です。ここら辺のコードは柔軟なCEPを開発しようと思うと何度も触れる部分なので普段からまとめられると便利です。例えば以下のようなリストをjsで作るとしましょう。 各種input要素等を囲ったlabel要素があってその

Read more

jsで無理矢理Illustratorのドキュメントの裁ち落としサイズを取得

jsでできそうでできないIllustraotrのドキュメントの裁ち落としサイズの取得。一時期某フォーラムでも話題になって最終的にC++で書かれた専用のプラグインを用意することで解決という結局jsのみでは解決できない結論に至ってました。 しかしそれでもなんとかjsから裁ち落としのサイズを取得だけでもしたいという方もおられるかもしれません。という事でjsから無理矢理ドキュメントの裁ち落としサイズを読み込むExtensionを作成しました。 まずjsから裁ち落としのデータにアクセスするオブジェクトモデルがイラストレーターにないのでIllustratorのAiファイル情報からテキストとして読み込む事に

Read more

Mac OS Catalina上でAdobeのソフトに入れたプラグインが読み込めない

32bitソフトが動かないとか何かと話題のCatalinaですがAdobe製のソフトも例外なく不具合が報告されています。こちらのサイトで紹介されてるようにAdobe非公認、誰か個人が作ったようなプラグインは検証できないとのアラートが出て認識しない事があります。日本語のAdobeのサイトでは公証されたプラグインを使ってくださいとしかアナウンスされていないのでAdobe非公式のプラグインを今まで使ってた場合は開発者に連絡するなりしないといけないのかと軽く絶望しそうになりましたがどうも英文のサイトを見るとコマンドから読み込みを許可させる事ができるみたいなので以下やり方を載せておきます。 まず動かない

Read more

Adobe Bridge script 入門

IllustratorやPhotoshopに比べてマイナーなBridgeのscirptですが使いこなせればファイル整理から他のアプリとの連携にも役に立つはず? とはいえある程度細かい情報は他の先人の方々が書かれているので本当に入り口だけ書こうかと思います。 ある程度まとまった情報は古籏氏の記事で読めます。リファレンスはこちらから入手できます。 多くの方が最初に知りたい情報はファイル情報の入手だと思います。Bridgeのウインドウで開いているファイルの情報はapp.document.thumbnail.childrenから取得できます。 他のjsxをやっている方なら馴染みやすいとは思いますが各種

Read more

Adobe Bridge Extension開発

BridgeのExtension、ご存知でしょうか? あまりにもマイナーで情報もネットに特に出回ってなくて尚且つ仕様が他と結構違ってたりするのでちょっと開発するだけでも大変でした。 というわけで開発してみましょう。まずいきなりですがフォルダーの場所からして違うので注意してください。以下になります。 アプリケーション=> Adobe Bridge CC (バージョン 2018 以上) => CEP => extensions VS CodeのExtensionBuilderなんか使ってテンプレートを作成してからこのフォルダーに移動させるのもいいでしょう。但し既存のテキストエディ

Read more

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close