Just Diary

Follow me

タグ:evalscript 一覧

Node jsのwatch機能でIllustratorに配置された画像を監視する

ご存知の通りポスターやディスプレイの作成なんかはIllustratorで版下を作成する事が多いです。しかし写真の画像をIllustratorで配置して出力する場合はプリンターにデータを送るためにPDFやpostscriptファイルに変換してプリンターに送るのですが写真の画像の色補正をPhotoshopで行なった後に一々Illustratorで開いて出力するというこのためだけにIllustratorを立ち上げることが多いです。このIllustratorで開いて出力という面倒くさい作業を自動化するために配置画像をNodeで監視して更新されたら自動的にIllustratorがPDFで書き出すExte

Read more

IllustratorとPhotoshopの画像編集をNode.jsでやりとりする

前回よりローカルのサーバーを通じてアプリ間の連携を紹介しましたが今回は応用編としてIllustrator内で配置、レイアウトした写真画像をPhotoshopで再度開いて編集、更新、その後Illustratorで再編集、PDF書き出しといったやりとりをNode.jsでやりたいと思います。Illustrator内に配置した写真画像の色調補正の再補正等、いちいちPhotoshopに戻って開いて、書き出し、再度Illustrator側で開くといった事が多いと思うのでこのあたりの作業を自動化させたいと思いました。特にDTPや印刷、出力の際にIllustratorデータをPDFやらpostscriptファ

Read more

Photoshop Extensionの開発12 複数のjsxとのやりとり

csInterface.evalScriptメソッドでパネルからjsx側とやりとりできるのは前回述べた通り。しかし前回はmanifest.xmlに登録しているjsxとのやりとりのみである。その他複数のjsxとパネル側からやりとりする場合はどうすれば良いのか。実はjsxまでのパスを指定すれば個別のjsxとのやりとりが可能である。具体的には前回と同じcsInterface.evalScriptの引数に$.evalFileとjsxまでのパスをしてすれば実行できる。 $.evalFile引数の中にさらにjsxパスの引数を入れつつクオートで挟まないといけないのでECMA2015m以前だとテンプレート文字

Read more

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close