Just Diary

Follow me

カテゴリー:Photoshop 一覧

Photoshop Extensionの開発37 PhotoshopのイベントをCEPで管理する

前回の記事ではJSXでのイベントに触れました。JSX上で設定した場合ぱっと見イベントの設定がわからないので思わぬ場面で動く場合もあります、というわけでここはExtensionパネルの出番です。イベントのオン、オフをパネル上で表示させればユーザー側にイベントの可否を視覚的に表示することが可能です。やはりhtmlとcssでインターフェイスを作れるのは強い。 CEPでのイベントですがDOMと同じようにイベントを追加してイベント発火時にコールバック関数が動く。そして何かしらの処理がPhotoshopに走るという具合なのですがイベントIDをjsxから取得したり固有のイベントオブジェクトを生成する必要があ

Read more

Photoshop Extensionの開発36 Photoshop上のイベント

久しぶりのPhotoshopCEPの記事です。 Photoshop上ではイベントをscriptで管理して何かしらの処理を発火させることができます。Photoshopで画像を編集している最中なんかに自動的に指定した処理を発火させることが可能です。レイヤーを追加したら自動的にレイヤー名をリネームするとかトリミング時に画像サイズをアラートで表示する等実装するとよりアプリらしさが増します。 但し今まで解説したようにイベントと言ってもいくつかの種類があって大まかに分けると DOM event CEPのパネル上で起こした動作によって発火するイベント。ブラウザ上で発火するイベントと同じです。clickイベン

Read more

Illustrator ,Photoshop Extensionの開発35

デバッグ周りが大変だったりいまだにecma3しか使用できないadobe jsxです。今回cep上でやりとりする時の細い開発情報をさらに載せます。 何度か触れていますがjsx単体で動かす場合は外部ファイルをincludeで読み込むことができるのである程度オブジェクト、関数をファイル事に分けられて見やすくできますがcepからアクセスする場合はこのincludeが使用できません。規模が大きくなるにつれてコードの量も大きくなってくるので厄介です。実はこの外部ファイル読み込みですがcep側のscriptで読み込むことが可能です。やり方は簡単。 func.jsがjsxのフォルダに入っていると仮定してcep

Read more

Vulcan.jsを使用したAdobeのソフト同士の通信

何度かNode.jsを通じたソフトの通信について投稿しましたがどうもCEPライブラリーのVulcan.jsをを使用すればもっと簡単にできるらしいのでPhotoshopとIllustratorの簡単な通信をやってみました。 ちなみにVulcan.js自体はここから入手できます。 VsCodeのCC Extension Builder 等ではデフォルトで用意してくれないのでダウンロードしてください。メッセージを送る際に送信側のパネル自身のIDが必要なのでcsInterfaceから取得します。 VulcanMessageオブジェクトにパネルIDとメッセージを渡して送信します。 IDでメッセージの発信

Read more

Node jsのwatch機能でIllustratorに配置された画像を監視する

ご存知の通りポスターやディスプレイの作成なんかはIllustratorで版下を作成する事が多いです。しかし写真の画像をIllustratorで配置して出力する場合はプリンターにデータを送るためにPDFやpostscriptファイルに変換してプリンターに送るのですが写真の画像の色補正をPhotoshopで行なった後に一々Illustratorで開いて出力するというこのためだけにIllustratorを立ち上げることが多いです。このIllustratorで開いて出力という面倒くさい作業を自動化するために配置画像をNodeで監視して更新されたら自動的にIllustratorがPDFで書き出すExte

Read more

Node jsのWatch機能で自動的にPhotoshopでjpgイメージを書き出す。

PhotoshopやIllustratorで特定のファイルやフォルダーが更新、追加されたら自動的に書き出し等を行うExtensionを開発します。Adobeのソフトを通じて何かのファイルをPDFやjpgを書き出すといった作業がいろんな分野で多いと思ってファイルの監視を発火イベントとして使用したいと思ったのが始まりです。 まずは手始めとしてPhotoshopによる自動jpeg書き出し機能を開発したいと思います。仕様としては。 最初に監視対象のフォルダーを選ぶ ボタンを押して監視をスタートさせる psd、tiffファイルが追加されたらPhotoshopで自動的にjpegに書き出す。 Nodeではデ

Read more

IllustratorとPhotoshopの画像編集をNode.jsでやりとりする

前回よりローカルのサーバーを通じてアプリ間の連携を紹介しましたが今回は応用編としてIllustrator内で配置、レイアウトした写真画像をPhotoshopで再度開いて編集、更新、その後Illustratorで再編集、PDF書き出しといったやりとりをNode.jsでやりたいと思います。Illustrator内に配置した写真画像の色調補正の再補正等、いちいちPhotoshopに戻って開いて、書き出し、再度Illustrator側で開くといった事が多いと思うのでこのあたりの作業を自動化させたいと思いました。特にDTPや印刷、出力の際にIllustratorデータをPDFやらpostscriptファ

Read more

Node.jsでやりとりするAdobeのアプリ同士のやりとり

前回Photoshopからサーバーを立ち上げて待ち受けの状態まで作ったのでさらに通信を受け取って受け取った内容を表示させたいと思います。具体的にはPOSTでサーバーにデーターを送信してデーターを受け取ったらjsxでデータの内容を表示させます。 POST送信でオブジェクトを受け取ったらjsxでオブジェクトの内容をjsx内のアラートで通知。POST送信はfetchで投げれば簡単にできます。 決して難しくはないコードですが一連のやりとりは勿論非同期で行われる事、IllustratorやPhotoshopといった異なるアプリ間でコードを書かないといけない上、さらにjsxともやりとりしないといけないので

Read more

NodeJsでAdobeのアプリを連携させる

Adobe scriptにBridge talkというものがあって、Bridgeを通じてAdobeのアプリをscriptで連携して動かすという優れものです。これを使ってPhotoshopで画像を編集してその後の処理をIllustratorに渡すという事が可能になるのですが私が何回か使用した経験ですとこれが中々安定しなくてBridgeにデータを送った段階で止まったりした事が多かったので結局使わずじまいで終わりました。しかし最近Illustratorを使う頻度が多くなったのでやはりPhotoshopと連携させたい、という事でもっと安定してアプリ間の連携ができないとかと思ったところExtension

Read more

Photoshop Extensionの開発34 ロード画面(エクステンション)

今回はロード画面をエクステンション上に作ります。エクステンションの場合進捗の割合を表示できませんがcssやjavascriptで自在にロード画面を作成できるので自由度が高いです。まずはロード画面のcssとhtmlから websiteを作る場合と同じ要領でhtmlの一番上の要素にロード画面のレイヤーを載せて通常は非表示。jsxの処理が動いている時にロード画面のhtmlを表示させます。cssはアニメーションで円が三つバウンドするよくあるロード画面です。 作成したロード画面。jsxの処理が開始される時にこのロード画面のdisplayをcssでblockにします。その後jsxの処理が終わった時にロード

Read more

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close