Just Diary

Follow me

タグ:form 一覧

html formにセットされた値を効率よく取得する。

前回からの続きですがAdobe CEPでUI上でパラメータの値をユーザー側で設定してjsx側に送る事は何度も何度も出てくると思います。昔はj-queryで取得したなんて事もやってましたが流石に取得するformの数が増えてゆくと地道に一つづつ取得するなんて事は非効率的だし苦痛です。さらにJSONでjsx側に送るため効率よくobjectにまとめなければなりません。arrayメソッドを中心に効率よく取得してみましょう。 topcoatのcssをベースにしたhtmlから取得してゆきます。最初はラジオボタンの簡単なhtmlです。チェックされたボタンの値を取得します。実はラジオボタンの値を取得するだけなら

Read more

top coatのcss上で動的にhtml formを追加する

Adobe extensionを開発しているとformを扱う事が多くなります。jsxから数値を取得して、それをパネル上で表示して、数値を入力またjsxにアクセスしたり。デフォルトのtopcoatのcssは基本の設定が揃っていて便利ですがhtml構造が少し難しくなりがち。 前回説明したようにcheckboxやradiobuttonはlabel要素の中にdivが混じっていたりと少し複雑です。ここら辺のコードは柔軟なCEPを開発しようと思うと何度も触れる部分なので普段からまとめられると便利です。例えば以下のようなリストをjsで作るとしましょう。 各種input要素等を囲ったlabel要素があってその

Read more

Photoshop Extensionの開発33 プログレスバー

前回よりjsxでのGUIの作り方からプログレスバーの作り方を載せていきます。 jsxの進捗率をリアルタイムで監視するためにはjsxでGUI上にプログレスバーを表示させて処理が終わるまで更新させていきます。まずプログレスバーを表示させる方法は簡単で前回のようにダイアログのオブジェクトにプロパティーで追加します。 プログレスバーの引数は第一引数からprogressbar(ダイアログのパーツの種類)、バーの大きさ、バーの初期値の値、バーの最大値の値になっています。バーの初期値が0の場合真っ黒なバーが画面に表示されます。それでjsxの進捗をバーに反映させる方法ですがプログレスバーのプロパティーに値を代

Read more

Photoshop Extensionの開発23 フォームデザイン2

続いてスライドバーを作ります。input type=”range”でスライドバーのフォームが用意されているのですがあまりwebサイトで見かけた事がないと思います。このスライド、各ブラウザで見えかたが大きく異なったりしてクロスブラウザ問題を考えるとかなり扱いずらいフォームだとは思います。しかしCEPはクロームベースで動いているのでこういった問題は殆ど気にしなくてもいいのがメリットです。 valueでデフォルトの数値、 minで最小値の設定、 maxで最大値の設定 stepで一ステップ事の数値を設定できます。ちなみにデフォルトの状態が以下になります。 見えかたはクロームに依

Read more

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close