Just Diary

Follow me

Node jsで始めるfilesystem4

javascript

よく使うファイル操作のメソッド一覧の続きです。

  • readdirSync(ファイルパス,オプション)

    フォルダー内のファイルを配列形式で取得します。ver10からオプションに{withFileTypes:true}を渡すとファイルの情報も取得できるようになりました。(Adobe cepはver8)
    各ファイルはisDirectoryメソッドでフォルダーかどうかを簡単に識別できるので再帰的にフォルダーを遡る方法が簡単になりました。

    ファイルを再起的に取得。

    指定したパスからフォルダー名のみ取得。

  • readFileSync(ファイルパス、オプション)

    readFileSyncはファイルの中身を読み込むメソッドです。第一引数にファイルパスを、第二引数はオプションです。文字コードを指定したい場合は第二引数に文字コードをstring型で渡します。

  • writeFileSync(ファイルパス、書き込む内容、オプション)

    writeFileSyncは書き出し用のメソッドです。第一引数にファイルパスを、第二引数にファイル内容を渡します。既にファイルが存在する場合は上書きしてしまうので注意。追加でファイルに書き出す場合は別のメソッドがあります。
     

  • appendFileSync(ファイルパス、追加する内容、オプション)

    appendFileSyncはファイルの中身に指定した内容を追加するメソッドです。第一引数にファイルパスを、第二引数に追加したい内容を渡します。

 

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close