Just Diary

Follow me

Node jsのwatch機能でIllustratorに配置された画像を監視する

html, Illustrator, javascript, Photoshop, 未分類

ご存知の通りポスターやディスプレイの作成なんかはIllustratorで版下を作成する事が多いです。しかし写真の画像をIllustratorで配置して出力する場合はプリンターにデータを送るためにPDFやpostscriptファイルに変換してプリンターに送るのですが写真の画像の色補正をPhotoshopで行なった後に一々Illustratorで開いて出力するというこのためだけにIllustratorを立ち上げることが多いです。このIllustratorで開いて出力という面倒くさい作業を自動化するために配置画像をNodeで監視して更新されたら自動的にIllustratorがPDFで書き出すExtensionを作ろうと思いました。ついでに多きいサイズの出力物に関しては縮小してテストプリントすることが多いのでリサイズ機能もつけました。

panel

前回のPhotoshopのように監視スタート、ストップはボタンで管理します。また配置画像、Illustratorファイルのパスもパネルで取得するようにします。基本は前回のPhotoshopと一緒ですね。

最初に監視したい対象のIllustratorのaiデータと配置画像を取得します。取得後にhtmlのradioボタンにして書き出してどの配置画像を監視対象にするか選んで監視開始。

今回監視イベントに更新時のイベントを追加。監視対象にはフォルダーだけでなく単独のファイルも選べるので単独の画像ファイルパスを指定。

これでパネル上に登録された配置画像を監視して更新されたらパネル上に登録されたaiデータを自動的にIllustratorで開いてPDFに書き出す。但し現状問題があって。

複数配置画像がある場合も監視ファイルを一つしか選べない。

もちろん複数の画像を監視対象にすることもできるが複数の画像が一度に更新された場合更新された画像の枚数分書き出し作業を行ってしまう。

このIllustratorとPhotoshopの通信ややりとりの使用をどのようにすれば便利になるか未だに考えていますがとりあえず職場で使用する分には現状でも十分なのでとりあえずじっくり考ようかと思います。

コードはgithubで見ることができます。

最近のコメント

Other link

最近のコメント

Close