croppanel

カンバスサイズをコントロールするエクステンション

初のエクステンションになります。ただのscriptと違い常駐のパネルをインターフェイスも含めて自分で作成できるため かなり自由度の高い拡張機能が開発できます。今後Adobe add-onsへの登録も目指していきます。このパネルも需要があれば登録したいですが。 初回となるcroppanelはPhotoshopのカンバスサイズを好みのサイズに広げるためのエクステンションです。    写真の画像をトリミング後にフレーム枠をつけたりポスター用のトリミングをする時やTVや映像用途に使用する写真画像をセーフゾーンを意識したトリミングをする時に 使う事を想定してつくりました。例えばA4のポスターを作る際に裁ち落としも含めてトリミングしつつ内側3mmに主要な情報を入れてトリミングしないといけないと時にまず 切り抜いたピクセル削除の項目をオフにしてA4の210mm×297mmでトリミング。その後各辺キャンバスサイズを3mmずつ拡張させるとA4のサイズの位置にガイドがひかれつつ 裁ち落としも含めたキャンバスサイズに拡張されます。トリミング後にガイドを引いて調整したりすると結構手間なのでトリミング時にセーフゾーンを意識できないかと思って このような方法を思いつきました。

使用方法

基本的に画像をトリミング後に処理させることを前提としています。

Unit type

基準となる単位を選択します。この後打ち込むキャンバスサイズ、ガイド等の数値はここの単位にそった数値で処理します。

resize canvas size

拡張するキャンバスサイズを打ち込んだ数値どおりに拡張します。 それぞれ上下左右に数値を打ち込めます。

addguide

キャンバスサイズ拡張後にガイドを追加します。追加する場合はスイッチをオンにして数値を打ち込んでください。

addbackground-color

トリミング後に背景のレイヤーを追加します。背景の色は指定することができます。 画像が切れた場合の確認なんかにご使用ください。

option

各種オプションです for all opened files 開いて入り全ての画像に処理させます。 addcenterguide 画像の中央にガイドを追加します。 remove all guide 処理前に残っているガイドを全て消去します。 savePSDandjpeg 処理後にPSD、jpeg画像に保存して画像ファイルを閉じます。

インストールのやり方

Adobeさんよりこちらのextension承認されました。photoshopccのアカウントをもっている方ならAdobe add-onのサイトよりダウンロードできます。

こちらからダウンロードしてください。